hamzah_2006_pacis

Muhd Dzulkhiflee Hamzah, Shun'ichi Tano, Mitsuru Iwata, and Tomonori Hashiyama: A Video Analysis of Eye Movements during Typing: How Effective is Handwriting during Note-Taking Task?, The Tenth Pacific Asia Conference on Information Systems (PACIS 2006), pp. 311-327, 2006.7

目的

  • タイピングによる入力と比較をしてノートテイクタスクにおける手書きの効果を明らかにすること。

実験

  • Research Question
    • RQ1: どちらの手法の方がより早いのか?
    • RQ2: 認知負荷が大きいのはどちらか?また、負荷がどのくらい心的機能に影響を与えるのか?
    • RQ3: ノートテイクのような認知プロセスを含むタスクによって手書き入力はどのくらい効果的か?
  • 参加者:15名の情報システム系の大学院生
  • 課題:3つのタスクを実施。1-2はRQ1,2に対応,3はRQ3に対応
    • task1:画面に提示された文を手書きorキーボードで入力
    • task2:画面に提示された文を記憶、消えた後に手書きorキーボードで入力
    • task3:ビデオを見ながら手書きorキーボードでノートを作成、視聴後に理解度テストを実施
  • 結果
    • task1の結果:手書きの方がキーボードより約7.5%早い->RQ1を確認
    • task2の結果:手書きの方がキーボードより負荷が低く、手書きの方がより正確。->RQ2を確認
    • task3の結果:手書きの方がキーボードより約19.5%正しく答えた->RQ3を確認

視線のビデオ分析

  • Research Question
    • RQ1:画面orキーボードに対する視線の割合はどれくらいか
    • RQ2:特に使うのが難しいキーはあるか
    • RQ3:手書きと比べて、キーボード入力では視覚的情報をどのくらい見落とすか
    • RQ4:長い漢字変換処理のあとでタイピングが止まるか
  • 参加者:タイピングスキルの異なる情報システム系の3名の大学院生
  • 実験環境
    • 視線計測: NAC EMR-8(頭につけるタイプ)
    • 入力装置: task1&2はタブレットpc, task3はインタラクティブペンディスプレイ
  • 課題
    • 実験と同じもの(キーボード課題のみ)
  • 結果
    • タイピングスキルが高くなるにつれキーボードをみる割合は減少->RQ1を確認
    • 数字のキーを入力するときにみる回数が多くなる->RQ2を確認
    • task3でキーボード入力では映像部分をみる割合が低い->RQ3を確認
    • 漢字変換処理のあとタイピングが1,2秒止まる->RQ4を確認
Category: [論文][ノートテイク] - 20:49:15


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-04-13 (火) 20:49:15 (2723d)