ゼミに関することに戻る

文献を探す

文献の探し方には大きく2つあり,探したいものが明確かどうかで使い分けます。

探索的に探す

どんなキーワードで探したらいいかわからない,そもそも自分の興味がわからないときは,いろんなものをパラパラとめくってみて,アンテナがたったものをひたすら読むのがお勧めです。

  • 学会の大会論文集や雑誌を眺める:教育工学会や認知科学会,教育情報システム学会などの全国大会の論文集や,雑誌何年分かのタイトルをとにかく見て,面白そうなもの興味を引いたものを読んでみる。
  • 膨大な検索結果を眺める:大まかなキーワードを論文検索システム(Cinii:http://ci.nii.ac.jp/)に入力して,タイトルをひたすら眺める。

⇒これらの作業をひたすらやっていると,自分が気になる研究の共通性とかタイトルに良く含まれるキーワードなどが見えてきます。そしたら,次の段階に進みましょう。

絞り込んで探す

  • 検索ツールを使う:Ciniiにキーワードを入れて,キーワードを少しずつ変えながら自分の欲しい論文を探す。雑誌名や著者名などで絞り込んだりしてもよい。
  • 論文の先行研究をたどる:気になった論文で引用されている論文や,気になった論文の著者の他の論文を探す。

⇒これらの作業をやっていると,自分が読みたい論文のリストが増えていきます。ある程度増えたら(5個くらい),実際にその論文を入手しましょう。

文献を入手する

文献の入手方法は,どこから手に入れられるかによって代わってきます。

うちの図書館にある場合

論文を載せている雑誌が図書館にあるかどうかは,図書館OPACで調べます。雑誌の巻号もきちんと確認しましょう。あったら,図書館でコピーしてください。

Ciniiから入手できる場合

Ciniiから入手できる場合は,「本文リンク等あり」にリンクが付いています。そこからたどって無事本文のPDFに行けた場合は,そのPDFをそのまま保存してください。 リンクがあってもそのままお金がかかりますなどの表示がでて入手できなかった場合は,齋藤にその書誌事項を教えてください。私の方で入手して渡します。

Webから入手できる場合

論文の著者がその論文のPDFなどをWebで公開していることがあります。googleやgoogle scholarなどでタイトルをフレーズ検索してみましょう。

他の図書館にある場合

上記で入手できない場合は,他の図書館に文献複写依頼を取り寄せることが出来ます。その場合は,齋藤あてにメールで書誌事項を送ってください。書誌事項は,雑誌名,雑誌の発行年,巻号,ページ,論文著者,論文タイトルがあれば十分です。

誌名/図書名 ヒューマンインターフェース学会研究報告集
年次  2004 巻号 6(5) ページ 35-38
論文著者  和氣早苗 福井沙代 二山晃子 栗本良美
論文タイトル 携帯電話のユーザビリティ研究:ユーザの年齢、使いやすさ、端末の選択

研究データの整理

  • 研究ノートをつけよう
    • 卒業研究の全てを記録するためのノートを一冊用意しましょう。ミーティングの内容や,ゼミでの議論,自分で考えたこと等を全てノートにまとめておくと,いつでも振り返ってみることが出来ます。
  • ファイルに紙の資料はまとめよう
    • 卒業研究で使った全ての紙の資料は,クリアファイルなどにとじておきましょう。これも後で見るときにとても便利です。
  • 電子データもまとめておこう
    • レジュメや論文,実験の分析結果などの電子データはきちんとパソコン上のファイルにまとめておきましょう。内容によってフォルダを分けると検索しやすいです。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-09-14 (月) 16:15:55 (2991d)